サイトのTOPへ
カメラの台数によるカメラセッティング

ライブハウスでの撮影の場合

あくまでもひとつの例として説明します
撮影の状況や目的によってはこの設定と変わる場合もあります


1台
(固定カメラ)
ステージ全体がわかる広めのサイズ
1台
(カメラマン有り)
位置は正面もしくは少し左が良いです
右に寄るとギターなどが映りにくくなります

カメラは1台しかありませんので、
全てを使えるように丁寧なカメラワークを心がけます
また音楽ものの場合は“音を先読み”することも大事です
これは二人で歌うときなどで、
「このフレーズが終わったら、もう一人が歌い始めるな」
などと考えてパンしたりズームしたりすることです
また、早いズームなどは特に必要がない限りは
行わない方が良いでしょう
カメラ2台
(1台固定・1台カメラマン)
正面の固定カメラは全体がわかる広めのサイズ
(1台の時と同じ)ですが、
あとから編集ができますので
撮影の時にもそれを考えてカメラワークを行います
「ステージをパンしたあとに固定カメラに切り替えて
その後ボーカルのアップになる」などです
ただし2台しかありませんので
常にABABと切り替える事になります
それも考えながら撮影してください
また、間奏前にギターなどをアップで狙って待っていることも
2台あると可能になります
カメラ2台
(カメラマン二人)
撮影に慣れている人でなければやらない方が良いでしょう
理由は二人とも運悪く使えない映像を撮っているケースも多いからです
逃げ道がなくなると言うことになります
それならば、もう一台固定カメラを増やして3カメにした方が良いです
カメラ3台
(2台固定1台カメラマン) 
Bは固定でステージ全体
Cの固定はセンターのボーカルの足下から頭までのサイズ、
もしくは腰から頭までを撮影
Aは基本的にはアップサイズを狙いつつ自由に動けます
また編集のカット割りも
ABCと順番に行くだけでなく2カメの時と比べてパターンが
かなり増えます
カメラ3台
(1台固定2台カメラマン)
正面のBを固定にしてステージ全体
AとCにカメラマンを付けると良いと思います
台数が増えて、カメラマンも頼める人が増えたとしても
1台だけは固定カメラを作っておきましょう
カメラ4台以上 各自でいろいろ考えてみてください
単に台数を増やすだけではなく、どうやったら効果的な映像になるかを
考えてみましょう

直線上に配置